02/24のツイートまとめ

seinenUnion

生活費がないためにカードローンを始めると、多重債務に陥ることがあります。しかし、どうしてもまとまったお金を借りたいときなどは、低所得者や高齢者、障害者向けに社会福祉協議会が「生活福祉資金貸付制度」を運用していますので、そちらを利用しましょう。
02-24 22:25

The seinenUnion's Journal is out! http://t.co/AVlLdWo8LU
02-24 21:00

精神疾患の原因が仕事の場合なら労災になる可能性があります。証拠をそろえて労基署に相談です。病院にかかっている場合は自立支援医療(精神通院)が使えるかもしれません。窓口負担が1割になりますので病院にご相談ください。さらに精神障害者としての認定がされるかどうかも病院にご相談ください。
02-24 20:25

突然解雇を言い渡されたけど、理由が全くわからない。こんなときは労基法22条2項に基づき、解雇理由証明書の発行を請求しましょう。なお、退職後の場合は労基法22条1項の退職証明書になります。解雇の不当性を争うときには証明書は重要です。あとで解雇理由を変更できないようにするためです。
02-24 18:25

過労でふらふらしているのに、上司から「仕事に穴を開けるな」「のらくら仕事をするな」と言われたら、家族の顔を思い出してください。そして、にいがた青年ユニオンに相談して下さい。もう、仕事で誰かが殺されるなんて止めたいんです。お願いします。
02-24 16:25

にいがた青年ユニオンは、主に新潟県内の若者で運営する労働組合です。どの会社に勤めていても、アルバイトや派遣といった働き方にかかわらずどんな働き方の人も、どの年代の人も、どこに住んでいても、労働相談を受け付けます。
02-24 15:38

業務上の腰痛とは、(1)医学上療養が必要なケースで、(2)業務中の出来事で腰痛になる(あるいは基礎疾患をより悪くさせる)場合です。重い荷物を持つ、つらい姿勢を保持する、同じ姿勢を続ける、振動を受けるなどによる腰痛の場合は、労災になる可能性があります。
02-24 14:25

夫婦、親子、兄弟と、身近だからこそトラブルになると冷静になれないのかもしれません。トラブルを収めるには、互いに責任追及をせず、互いの生活を壊さず、未来について互いに建設的に話し合えるかどうかがポイントです。
02-24 12:25

契約時の労働条件をふまえて、会社都合で休ませているのであれば休業補償してもらいましょう。どのような背景があるか(たとえばいじめ、退職勧奨)も問題となります。ただ、なかなか経営者と簡単に和解も難しいと思われるので、にいがた青年ユニオンにご相談下さい。
02-24 10:25

孤立死は繰り返させない!貧困はもうたくさん!パワハラされてまで仕事したくない!誇りの持てる仕事したい!働く仲間がいっぱい!ツイートボタンで拡散にご協力を!→≪にいがた青年ユニオン≫ http://t.co/SIfwlav5B2
02-24 08:49

ぜったいに負けない!追い出し部屋 http://t.co/CLveFqwMLd
02-24 08:38

別の会社の人が突然職場にやってきて、あれをしろ、これをしろと言い出したらびっくりするでしょう。全くそれと同じこと。このような偽装請負はさまざまな職場で起きうることです。もしかしてと思ったら、ぜひご相談ください。
02-24 08:25

聖域が守られたと言っているTPP参加交渉。新潟はちょっとした問題が発生するか?TPPでアニメの二次創作活動が規制強化される可能性。ガタケは大丈夫?
02-24 06:54

【募集】ブラック企業を適度にやっつける仕事です。
02-24 06:53

おはようございます。雪で真っ白けの新潟です。
02-24 06:27

関連記事

Tag:ツイート  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
今日のつぶやき

人気ブログランキングへ
最新コメント
QRコード
QR
検索フォーム