野田首相に言いたいことあります。

消費税増税法案が昨日、衆議院を通過しました。

民主党政権が誕生したとき、私たちが期待したものは何だったでしょうか。



労働者派遣法を変えてほしい。

後期高齢者医療制度をなくしてほしい。

格差と貧困はもういらない。



こうして、自民党と公明党が行ってきた政治に審判が下されました。

その後、東北地方を大震災が襲い、いまもなお東京電力の原子力発電事故は終わりが見えない状態が続き、多くの人に苦しみを与えています。
原子力発電所事故(写真 森住卓)
(写真は森住卓さん撮影)


このとき、あなたがこの流れを知っている政治家なら、いったい何に政治生命をかけるというでしょう。



これを読んでいる皆さんが、この流れをふまえて考えるならば、派遣労働を規制しようと考えるだろうし、後期高齢者医療制度をなくそうとするだろうし、少なくても安全対策を行っていない原子力発電所をまた動かそうだなんて考えないだろうし、公約もしていない上、景気を回復させない消費税率をアップだなんて考えないでしょう。


ことごとく、一般人とは違うことを実行する首相というのは、一体何に操られているのでしょう。

たとえ、いろいろなことを考慮した上で実施しますというのなら、その「いろいろなこと」をきちんと説明することができるはずです。ですが、ぜんぜん説明になっていません。

関連記事

Tag:なんとなく  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
今日のつぶやき

人気ブログランキングへ
最新コメント
QRコード
QR
検索フォーム