おひさしぶりです

最低賃金生活ファンの皆様(←いや、そんな人いないよ
あかつきは、とりあえず生きていました。
先日、東京に行ったときのことを書こうと思います。

急なことだったんですが東京に行きました。なにぶん急だったことと、お金がなかったのとで、宿泊先を確保していませんでした。新潟から出て行くとき、持って行ったのは寝袋。ええ、野宿ですともさ。

東京での用事を終えて、東京の人に聞きました。
「野宿するならどこですか?」
まさか私が野宿するとは思っていなかったようですが、そうとわかると「ネカフェ行け」とのこと。ナイトパックで1500円です。

そこで7時間はネットカフェで、残りの時間を野宿することに。(←忠告が役立ってないww

ネットカフェでのことは置いておくとして。
野宿は、新宿駅周辺でした。

朝方になりました。
すると、ほうきとちりとりを持って路上を掃除し始めるホームレスのおじさま。
上半身裸で店先のメロンの皮に残った実を一生懸命食べているホームレスのおじさま。

ああ、人間って生きると死ぬの境目で言えば、死ねないんだな。そう思いました。でも、健康で文化的に生きるとそうでないの境目で言えば、どれだけお金のかかる大変なことか。

あと、口入れ屋さんともお話ししました。
他にもいろんなことがあったけど、やっぱり当事者の話が一番心に届きます。
関連記事

Tag:最賃生活/あかつきさん。  Trackback:0 comment:0 

今日のつぶやき

人気ブログランキングへ
最新コメント
QRコード
QR
検索フォーム