ついに越えてしまいました…

あかつきです。

最賃生活にピリオドです。設定額をオーバーしました。



あれこれと日用品をそろえてくると、とてもではないですが最賃額では無理です。貯蓄らしい貯蓄もできません。それでも私の場合、住居費がかかっていない分、楽は楽なはずですが、いつまで経っても自立できません。

東京や愛知では、若者も少なからずホームレスになっているといいます。それに対して、新潟は持ち家が多かったり、仕事をもとめて県外へ出るパターンが多いのでしょうか、あまり目にすることはありませんが、それは隠れているだけで、事態はそれほど変わりません。

最低賃金は、それ以上賃金を下げたら、社会が壊れるという水準に設定されていたはずです。しかし、今はどうでしょうか。時給で生計を立てる仕事をしている青年労働者がこれだけ広がって見えてきたものは、こんな金額では、とても未来に向けた生活をできないということです。



最賃設定額をオーバーしましたが、どんな生活になっているのか、この後も記録していきます。
関連記事

Tag:最賃生活/あかつきさん。  Trackback:0 comment:0 

今日のつぶやき

人気ブログランキングへ
最新コメント
QRコード
QR
検索フォーム