異議申し立てしました

新潟県最低賃金の気になるみなさん、こんばんは。

にいがた青年ユニオンでは9月7日、労働局に対して「681円は低すぎるので、時給1000円をめどに引き上げてください」と申立書を提出しました。

今年は、実際に組合員の生活から訴えました。
その声を概要で一部紹介します。
----------
時給750円で月170~180時間のダブルワーク。夫と二人で暮らす。夫も同程度の収入。
家賃や税金、保険料、ケータイ料金、自動車の維持費とガソリン代を支払うと、生活費でやっと。これで時給681円だったら何も残らない。
支出の面にも目を向けてほしい。なぜ医療費は無料ではないの?
----------
正社員だったが月20~30時間のサービス残業があった。時給換算で830円ほどになる。
両親と一緒に暮らしていたから生活できた。自立も考えたが、会社での将来を考えるとそれができなかった。事実、会社を辞めて、今は求職中。
----------
時給900円でフルタイムで働く。
車のローンが重くのしかかる。有期契約ばかりで、手取りは昔より減った。両親と一緒に生活しているからなんとかなる。

Tag:最賃生活/あかつきさん。  Trackback:0 comment:0 

今年は12円アップ答申

2010年度は12円アップの681円答申が出ました。

貧困なくす気ある?

Tag:最賃生活/あかつきさん。  Trackback:0 comment:0 

おひさしぶりです

最低賃金生活ファンの皆様(←いや、そんな人いないよ
あかつきは、とりあえず生きていました。
先日、東京に行ったときのことを書こうと思います。

急なことだったんですが東京に行きました。なにぶん急だったことと、お金がなかったのとで、宿泊先を確保していませんでした。新潟から出て行くとき、持って行ったのは寝袋。ええ、野宿ですともさ。

東京での用事を終えて、東京の人に聞きました。
「野宿するならどこですか?」
まさか私が野宿するとは思っていなかったようですが、そうとわかると「ネカフェ行け」とのこと。ナイトパックで1500円です。

そこで7時間はネットカフェで、残りの時間を野宿することに。(←忠告が役立ってないww

ネットカフェでのことは置いておくとして。
野宿は、新宿駅周辺でした。

朝方になりました。
すると、ほうきとちりとりを持って路上を掃除し始めるホームレスのおじさま。
上半身裸で店先のメロンの皮に残った実を一生懸命食べているホームレスのおじさま。

ああ、人間って生きると死ぬの境目で言えば、死ねないんだな。そう思いました。でも、健康で文化的に生きるとそうでないの境目で言えば、どれだけお金のかかる大変なことか。

あと、口入れ屋さんともお話ししました。
他にもいろんなことがあったけど、やっぱり当事者の話が一番心に届きます。

Tag:最賃生活/あかつきさん。  Trackback:0 comment:0 

ひっそりと復活

ひっそりと最賃生活体験ブログに復活したあかつきです。

実は、今年に入って、すべてのお金の出入りを家計簿付けています。
本気で最賃生活の記録をつけています。

んで、最近思うことがあります。

スーパーで売ってる食料品は田舎ほど高い。
これは大きいです。

「地方だから賃金は安くていいじゃん」と単純にはいきません。家賃は都会ほど高いでしょう。でも、電気製品は田舎ほど高いでしょう。
平均的には、そういうものをどれぐらい買うかという割合があるのでしょうが、最賃生活のような低処遇だと、食料品の占める割合は大きくなっていくのですから。

Tag:最賃生活/あかつきさん。  Trackback:0 comment:0 

ついに越えてしまいました…

あかつきです。

最賃生活にピリオドです。設定額をオーバーしました。



あれこれと日用品をそろえてくると、とてもではないですが最賃額では無理です。貯蓄らしい貯蓄もできません。それでも私の場合、住居費がかかっていない分、楽は楽なはずですが、いつまで経っても自立できません。

東京や愛知では、若者も少なからずホームレスになっているといいます。それに対して、新潟は持ち家が多かったり、仕事をもとめて県外へ出るパターンが多いのでしょうか、あまり目にすることはありませんが、それは隠れているだけで、事態はそれほど変わりません。

最低賃金は、それ以上賃金を下げたら、社会が壊れるという水準に設定されていたはずです。しかし、今はどうでしょうか。時給で生計を立てる仕事をしている青年労働者がこれだけ広がって見えてきたものは、こんな金額では、とても未来に向けた生活をできないということです。



最賃設定額をオーバーしましたが、どんな生活になっているのか、この後も記録していきます。

Tag:最賃生活/あかつきさん。  Trackback:0 comment:0 

今日のつぶやき

人気ブログランキングへ
最新コメント
QRコード
QR
検索フォーム