最低賃金の引き上げ

今回は「最低賃金」のお話です。
え?
自分は月給制だから関係ない?
自分は完全歩合制だから関係ない?
いえいえ。労働者なら全員関係あります。

まず、最低賃金とは、これ以下の時間単価の労働契約を結んでもその部分は無効ですよ。その代わりに「最低賃金」になりますよというものです。

それでは、最低賃金はどれぐらいかと言いますと、今の新潟県では1時間あたり683円です(*これとは別に特定の業種の人たちのための最低賃金もありますが、683円よりも上です)。

時給で働いている人は、その時間給と比較してください。
月給で働いている人は、その月給を月の労働時間で割り算して比較してください。
完全歩合制だとしても、その月の賃金を実際の労働時間で割り算して比較してください。

ちなみに、このときの賃金というのは、ボーナス(一時金や結婚祝い金)、残業割増、精皆勤手当、通勤手当、家族手当を除いたほかすべてを指しています。

683円でフルタイム働けるとすると、月収は約11万8千円。ここから税金や社会保険料が引かれて、手元に残るのは9万円そこそこです。

「そんなの学生バイトじゃん」というなかれ。
清掃業などでは、この状態で働かされているのです。

ちなみに、時給1000円にしますと、月収約17万3千円。そこから税金と社会保険料を引かれて手元に残りますが、これでもかける12ヶ月、つまり一時金なしの年収にすると200万円に欠けます。つまり、ワーキングプアのぎりぎりアウト状態なのです。

え?
そんなことしたら中小零細企業はつぶれる?

いえいえ。基本的な部分で原因が違います。

先ほどは清掃業で最低賃金ぎりぎりというお話をしましたが、コンビニ店員もほぼ最低賃金です。
この理由は、売り上げに占める「フランチャイズ加盟料」が高すぎるためです。

一番わかりやすい例を出しましたが、これは他の中小零細企業も同じ。
大手の元請けさんたちが買いたたくためです。
ここの力関係を適正化しないでいては、どうにもなりません。

元請けと下請けの不平等な力関係は、いろいろな部分で見られます。
派遣労働も同じです。
元請けである派遣先企業、下請けである派遣会社。部品である派遣労働者。
派遣会社は派遣労働者ではなく、派遣先企業の動向が気になって仕方がない。
派遣労働者は買いたたかれる、そんな構図です。

さて、話がそれました。
等価交換のくせに「お金を持っている方が強い立場になる」というこの不思議な関係。
これを正して、最低賃金を引き上げないと、いつまでたっても景気はアップしません。

Tag:最低賃金  Trackback:0 comment:0 

いま被災地のためにできること

東日本大震災から1年以上がたちました。
いま、私たちが被災地の復興のためにできることは何でしょうか。

それは、被災地に住んでいる人たちの声を聞いて、その生活を応援することです。
ぜひ、被災地の人たちの発言を聞いてください。





Tag:最低賃金  Trackback:0 comment:0 

いくつかのお返事

管理人からお知らせやお返事です。

他のブログ等も同様に取り扱っているように、コメントやトラックバックについて、投稿できない設定にしました。将来的には、ブログ自体を移行し、管理人許可制にする予定です。

「貧困ビジネスだ」とのご指摘について、私たちは貧困層を固定化させ、そこから利益を得るビジネスとは全く異なるとりくみをしています。
諸事情で収入を失い、住まいを失ったりする労働者の自立を相互に助け、労働者として自立して働き生活することを目標として活動します。
残念ながら今の社会は失業してしまうと、次の仕事がすぐに見つかる状況ではありません。また、次の仕事が見つかったとしても自立するには不十分な収入だったり、サービス残業があったりと、「溜め」を作り出すには困難です。それゆえ、労働者が自立するために必要な環境作りの取り組みを進めているのです。この最低賃金の引き上げもその一環です。

さらに、組合員は定められた組合費を積み立てます。基本的に、集められた組合費は相互扶助のために使われます。
組合員はそれぞれ仕事を持ち、独自の収入源を持っています。それは役員も同様です。すべての役員は仕事を持ち、その収入に比例する組合費を納めて活動しています。したがって、集められた組合費を人件費としてあてることもしませんから、「ビジネス」としても成立していないのです。(注:昨年度は、事務所移転や相談の急増などに対処するために、一時期、組合費から人件費を支払っています。)

Tag:最低賃金 

異議申し立てしました

新潟県最低賃金の気になるみなさん、こんばんは。

にいがた青年ユニオンでは9月7日、労働局に対して「681円は低すぎるので、時給1000円をめどに引き上げてください」と申立書を提出しました。

今年は、実際に組合員の生活から訴えました。
その声を概要で一部紹介します。
----------
時給750円で月170~180時間のダブルワーク。夫と二人で暮らす。夫も同程度の収入。
家賃や税金、保険料、ケータイ料金、自動車の維持費とガソリン代を支払うと、生活費でやっと。これで時給681円だったら何も残らない。
支出の面にも目を向けてほしい。なぜ医療費は無料ではないの?
----------
正社員だったが月20~30時間のサービス残業があった。時給換算で830円ほどになる。
両親と一緒に暮らしていたから生活できた。自立も考えたが、会社での将来を考えるとそれができなかった。事実、会社を辞めて、今は求職中。
----------
時給900円でフルタイムで働く。
車のローンが重くのしかかる。有期契約ばかりで、手取りは昔より減った。両親と一緒に生活しているからなんとかなる。

Tag:最賃生活/あかつきさん。  Trackback:0 comment:0 

今年は12円アップ答申

2010年度は12円アップの681円答申が出ました。

貧困なくす気ある?

Tag:最賃生活/あかつきさん。  Trackback:0 comment:0 

今日のつぶやき

人気ブログランキングへ
最新コメント
QRコード
QR
検索フォーム